40歳から始めてしまったブログ奮闘記

ヤールーブログ

沖縄(ローカル)

富士家のランチに行ってきた!【えっ!ぜんざいだけじゃないの?】


ぜんざいの富士家はぜんざいだけじゃなかった。

職場の同僚一緒にランチ行こうという事でいつも行っている所が混んでて、じゃあ、違うところ行く?

となって同僚が富士家行く?って聞かれました。

 

えっ、富士家ってぜんざいだけじゃないんだ!びっくり!

ぜんざいオンリーだと思ってたのは一昔しで、最近はフードも扱っているそうです。


泊本店

着いてみると、結構満席ではありませんか、割と58号線から中通りの路地にあるお店ですが何席かは空いていたもののお客さんいっぱい!

おしゃれな店内で南国をイメージさせる雰囲気です。

 

フードは沖縄そばやタコス、タコライスなどがありました。

結構子連れが多くて親子でランチしてました。

 

僕が頼んだのはタコライス、味はなかなか美味しかったです。

タコライス


フードから締めのデザートはもちろんぜんざい!

ランチにしてはちょっと物足りないなぁと思ったら、これはお店の作戦じゃ無いかと気付きました!

フードは少なめにしてぜんざいをついでに買わす作戦!うまいなぁ!

 

お店の売上はかなりアップするんじゃないでしょうか?

ぜんざいだけでは売上は微々たる物だけど、フードからのデザート!凄い組み合わせ!

 

フードでお腹いっぱいならなかったのでぜんざいも注文しました。


特製タンブラー付きのぜんざい

ぜんざいが来ると、おぉ!特性タンブラー付きのぜんざい!

ぜんざい2

いつも富士家のぜんざいはイオンの売り場で持ち帰りのぜんざいを買って食べていましたが、店内のはオシャレ!

 

味も断然店内が美味しい!氷もサクサクでぜんざいの豆と餅が特性タンブラーと分けられててお好みで食べられる。

タンブラーは真空二重構造で溶けにくくいつでも冷え冷えのシャリシャリで食べられる。

 

だいぶ進化した富士家のぜんざいでした。

いつものランチの予算はオーバーしましたがフードのタコライスとぜんざい美味しく頂きました!

 

ここ、泊店が本店なんですね。また行きたいです!

沖縄のぜんざいとは

現在の沖縄県で「ぜんざい」と呼ばれる食べ物は、砂糖あるいは黒糖で甘く煮た金時豆にかき氷をかけたものである。

 

白玉などが入ることもある。もともとは「あまがし」という緑豆と大麦を甘く煮て冷やした食べ物であったが、戦後は主に金時豆で作られるようになり、冷蔵庫の普及と共にかき氷を載せるようになった。

 

本土のように温かくして食べることもないわけではないが、提供する店は少なく冬季限定のメニューとされていることが多い。

ウィキペディア

沖縄のぜんざいは冷やして食べるのが主流でかき氷に載せて食べています。

【ぜんざいの富士家】

営業時間 10月~5月 11:00~19:00

      6月~9月 11:00~20:00

年中無休

電話番号 098-869-4657

スポンサーリンク

-沖縄(ローカル)

Copyright© ヤールーブログ , 2021 All Rights Reserved.